社長メッセージ

新たなる挑戦で進化する快適環境のソリューショングループをめざします

Print

文化シヤッターは1955年の創業以来、各種シャッターをはじめ、ビル用建材、住宅用建材を製造?販売する総合建材メーカーとして、「ライフ?イン」「ライフロング?パートナーシップ」の2つのコンセプトのもと、生活者視点で開発した製品の提供と、お客様との永続的な信頼関係づくりに欠かせないアフターメンテナンス体制づくりにより、暮らしに役立つ製品とサービスの提供に努めてまいりました。

当社グループは現在、2020年度までの5ヶ年を見据えて策定した中期経営計画の基本テーマ『進化する快適環境ソリューショングループ』の実現に向け、グループ一丸となって目標の達成に邁進しています。

国内市場に目を向けると、東京オリンピック?パラリンピック以降も、再開発物件や大型物流施設など、都市圏を中心に堅調な建設需要が見込まれる中で、主力商品であるシャッターやドアを中心に拡販を推し進めることで、“基幹事業”のさらなる拡充に取り組んでまいります。

一方、社会環境の変化として、防火設備における新たな検査報告制度が2016年に施行され、2019年より年1回の法定点検がスタートしました。この動きを追い風に、これまで以上に当社グループ製品を安心かつ安全にお使いいただくために、修理や保守点検に伴うリニューアルも含めたメンテナンス事業を強力に推し進めてまいります。また、従来より進めてまいりました「エコ」と「防災」をキーワードとしたものづくりと新たな事業展開においては、再生複合材を活用した環境建材や省エネ効果の高い日よけ商品のオーニング、エネルギー事業などの「エコ事業」と、ゲリラ豪雨による浸水対策のソリューションを提供する「止水事業」を、今後の成長戦略の柱となる“注力事業”として強化拡充してまいります。

海外においては、ベトナムを中心とするASEANにおける事業展開に加え、2018年より進出したオーストラリアを中心としたオセアニアへと活動領域を拡げるグローバル化を推し進めていくことで、BXブランドの浸透を図ってまいります。そして、それぞれの地域の気候や風土にあわせた商品開発によって、その国の成長と発展に貢献することを前提に、海外事業のさらなる強化を加速させてまいります。

今後も当社グループは、SDGsの理念と連動した持続可能な社会の実現をめざす取り組みを継続して推し進めるとともに、『進化する快適環境のソリューショングループ』をめざして、お客様と社会から必要とされる商品とサービスの提供に努めてまいりますので、皆様からの変わらぬご支援とご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長